お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

どっちが辞めなきゃならないのか、ああ勘違い海江田!!

2013-07-24
 泣いた海江田、今度は的はずれ、とんだ勘違いです。

 「菅元首相に離党勧告、海江田氏  無所属支援で、拒めば除名も」(47ニュース=共同通信 7月24日)

 東京選挙区で落選した民主党執行部推薦の鈴木寛、得票数55万ほど。これに対し最下位当選者の自民党・武見敬三の得票数は61万ほど。ですから、菅元首相が応援した大河原雅子の得票数23万票の1/3でも鈴木にまわれば、鈴木が当選していたわけで、民主党執行部、怒り心頭なのはわかります。
 しかし、です。菅元首相が民主党議席数を1減らしたとしても、そもそも民主党は改選議席数44から当選者17への大幅減少・大量落選です。27議席減のうち「1」は菅元首相の責任だとしても、他の26議席減の責任はどうなるのでしょう。
 常識のある人間なら、これでトップが責任を取らないなんてこと考えられないでしょう。細野幹事長の辞任だけで済まそうとは、とんだ茶番です。まず辞めるべきは海江田です。
 党内事情優先で、非常識な責任人事やってる民主党、ますます人心が離れていくでしょう。

 と、まで書いた所で、また↓これです。
 「菅氏の除名提案は結論出ず 海江田代表、再提案へ」(47ニュース=共同通信 7月24日)

 また、「決められない」そうです。やれやれ。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/842-727512d6

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。