お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ついに国費投入!! 福島原発、汚染水対策/本格実現篇

2013-08-27
 当ブログ、8月7日の記事は、「ついに国費投入!! 福島原発、汚染水対策」という表題だったのですが、本格的な実現までには、今までかかりました。

国費投入汚染水
(朝日新聞8月27日西部本社版朝刊)

 まあ、8月7日の時点では、鹿島建設に遮水壁を発注するための調査費を付ける、というだけの意味のようでしたが(・・・要する国民から取った税金でゼネコンに儲け話を持っていきます、という発表でした)。
 しかし当時から分かっていましたが、今年は見積りのための調査だけして、遮水壁の本工事は来年度から、なんていうのんびりした話しでは済まないのが、現在の汚染水問題=福島原発放射能再漏洩事件。
 あっさり広島原爆一発分の放射能が、これまでの放射能汚染に加えて、タンク一個から漏洩し、地下水に追加なんてことが、なにげに平然と起こるのですから。
 そしてそれが海へとジャパジャパ流出です。なんてったって、地下水位、海面より高いのですから。
 東電もはやお手上げです。このままじゃ、放射能汚染、拡大の一途です。国費投入でも何でもして、緊急事態対応体制でやってもらわなければ困ります。

 ただしこの国費投入、前にも書きましたが、「やる気のない対応で国の関与を引き出したということであれば、東電の大勝利」です。事故を起こしといて、やる気のない対応をして、事故処理費に国民から税金をまきあげる、なんてこと、許されて良いのでしょうか。
 事故処理の責任主体としての責務を果たすことができないことがはっきりした東電、今や解体しない理由を探すことのほうが困難です。責任能力のない東京電力は原発関連部門とそれ以外に分け、原発関連部門は国がきちっと管理する一方、それ以外は会社更生手続きによって再生していく必要があります。そして、これまでの経営者、株主、融資銀行に対しては、きちっと責任追及しなければなりません。
 それなくして税金の投入は、ありえません。問題を起こした私企業が国費の投入を仰ぐ時の、世界的常識です。安倍政権、やることやれよ、速やかな事故対応を含めて。

(もっとも、「速やかな事故対応」として何ができるのか、結局、何もできないんじゃないか、とも思えますが・・・安倍〈8月6日〉も、茂木〈8月26日〉も、記者会見では胸を張って「国が前面に出る」とか言ったけど、さて、何ができる? 恥かくだけじゃないのか・・・結局、放射能汚染進行じゃ、実に困るぞ!!)


tag :
コメント:
>「国が前面に出る」とか言った

国が前面に出て、汚染水問題をもっとうまく隠蔽するのではないでしょうか。

そもそも国策で、この地震津波火山大国に原発を作ってきたのは自民ですからね。反対派の警告も聞かずに。


http://www.youtube.com/watch?v=smpGp8hMJIc
原発推進の自民党への小出裕章さん怒りのメッセージ

http://hiroakikoide.wordpress.com/2013/07/14/taidan-2013july13/
自民党だけには入れないでください!/小出裕章〜川内博史スペシャル対談『絶対安全な原発など、絶対に無い!!』


ただし汚染水に限っては、反対派の小出さんのタンカー案(柏崎刈羽で処理)にはテロの危険性という問題があります。
311の一年前の天安沈没事件を考慮すれば、魚雷や、爆弾を満載した潜水艦の衝突など、リスクが大きすぎます。
日本海は全滅です。

ここら辺は原発の専門家の観点からではなく、軍事や地政学的リスクからも危険性を考えなければなりません。
また、タンカーテロのリスクは日本海全滅だけではなく、小出さんの社会的地位や反原発運動全体にも関わる問題です。そこまで小出さんが背負い込む必要はないでしょう。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AE%89%E6%B2%88%E6%B2%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

天安沈没事件

天安沈没事件(てんあんちんぼつじけん、チョンアンちんぼつじけん)とは、大韓民国海軍の浦項級コルベット「天安」が、2010年3月26日に沈没した事件である。
日本では、外務省が韓国哨戒艇沈没事件[1]と呼称した他、韓国哨戒艦沈没事件との表記も見られた。
[2013/08/28 03:14] | 考え中さん #gkgdpUpU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/878-a37c32b1

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。