お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

大気中にも放射性物質漏洩!! 東京電力

2013-08-28
 「漏えい、民間業者も罰則 政府の秘密保護法案」(47NEWS=共同通信 8月28日)

 情報は漏洩すると10年以下の懲役、・・・でも、放射性物質はいくら漏洩しても、おとがめ無しです。

 「大気中のセシウム濃度一時上昇 福島県『放出源は原発』」(47NEWS=共同通信 8月27日)

 汚染水だけじゃありません、空中にも放射性物質「放出」しています、福島第一原発。


 問題とされているのは、双葉町内に設置されたモニタリングポストで観測された8月19日の放射線量急上昇です。福島県の公表データでは次のようになっています。

8月19日、午前8時には、1.09μSv/h

モニタリングポスト19日午前
(福島県「各地方 環境放射能測定結果(暫定値)(第1011報)」部分)

 それが午後5時には、1.17μSv/hとなっています。

モニタリングポスト19日午後
(福島県「各地方 環境放射能測定結果(暫定値)(第1012報)」部分)

 福島民友新聞によれば、午後1時50分には1.19μSv/hまで上昇していたとのことです。

 「双葉の放射線量上昇、放出源は福島第1原発か」(福島民友HP 8月28日)

 かつて、作業員がミストで汚染されたとされた(のちにミスト原因説は否定)事件が2連発でありましたが、その2回めの日のできごとです。風向き等の気象条件から言って、県は、原発から放射性物質漏洩との判断に至ったそうです。
 これはたぶん、放射能汚染された髪の毛がムズムズして頭をバサバサっと両手で払ったりしたせいで、放射性物質の埃がたったんんじゃないか・・・ないない、さすがに。ですが、「19日午前に、第1原発の免震重要棟前で一時的に放射性セシウムの濃度が上昇。東電はこの原因や、付近で頭部を放射性物質に汚染された作業員2人との関連を調べており『双葉町との関連も含め調査を続けたい』としている」(47NEWS=共同通信 8月27日)とのことです。

 あっちもこっちも(海にも大気にも)放射能漏洩、こういったことを大っぴらに言えなくするために、情報漏えいに罰則設けようとしているんじゃないだろうな!!


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/879-79d037b6

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。