お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

針、振り切れた理由

2013-09-10
 あらら、地下水観測孔No.1-3の地下水位を示す青のライン、そしてNo.1-5の黄色のライン、なくなっちゃいました、福島汚染水問題。

振り切れた理由01
東京電力 報道配布資料 9月9日

 かわりに説明が書いてあります。「地下水観測孔No.1-3については、孔内に薬液が回り込んでおり、測定不能。地下水観測孔No.1-5については、地盤改良作業に伴い一時的に水位計を取り外し。」だそうです。

 福島県が海水のサンプリング調査を始めようというその日の午前に、「初めて海水から放射性物質が検出されました」と発表したり、メディアに取り上げられる第一報では、数値を小さめに出しておいて世間の反発を受け流し、後から本来の値に差し替える東電。この説明から我々は何を読み取ったら良いのでしょうか? まさか、都合の悪い観測孔をわざと測定できない状態にしたわけじゃないですよね?


(これまで問題にされていたのとは違う汚染源もありそう→「1号機周辺にも汚染源か 海側井戸で高濃度の放射性物質」(福島民友新聞 9月10日)ですし・・・。対策会議を開いたといったところで、政府はいったい何をするつもりなのでしょうか?)


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/894-fa300194

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。