お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

福島原発で何が起っているのか? タイムラグの謎

2013-09-12
 福島原発汚染水問題、東電は遂に汚染水の地下水到達を認めたとのことです。

 「地下水到達認める 汚染水漏れ 東電高濃度トリチウム検出」(福島民報 9月12日)
 「トリチウム濃度急上昇 第1原発漏えいタンク付近の井戸水」(福島民友 9月12日)

 福島民友の記事では、必ずしも東電が汚染水の地下水到達を認めたわけではないようですが、いずれにせよ、ここ数日で地下水の汚染数値が急上昇したことには変わりがありません。

 ところで、海水の汚染濃度、以前掲載した表ですが、

最高値20130909c
東電発表資料より)

抜き出したもの↓
最高値20130909d

 四角括弧[]で示されたピーク値が計測された日付けは、6/26とか7/15、8/19となっています。これ、本当に高濃度汚染水タンクからの漏洩の影響なのでしょうか? 冒頭のリンク先の新聞記事に記載されていますように、地下水の汚染値が急上昇してきたのはここ数日ということになります。話が合いません。今回の高濃度汚染水漏洩以前に、なにかあったのではないでしょうか?
 「真実を探すブログ」さんは、汚染水漏洩問題は偽装工作であって、それ以前に「福島第一原発の溶けた核燃料と地下水が接触した」事態が発生していたのではないか、という考えを紹介されています。
 なんとも無気味な今日このごろです。


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/896-5a8133ca

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。