お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

あちこち汚染が止まらない!!

2013-10-10
 港湾内でセシウム濃度が上昇、って、これ、ハンパな数字じゃないでしょ。WHOの飲料水基準でセシウム濃度、Cs134とCs137で、それぞれ10Bq/L、国の告示濃度限度で(つまり、「電力会社さん気にしないでね、こんな値、出るはずないよね~」、の値で)、60Bq/Lと90Bq/Lなんですから、370Bq/Lと830Bq/Lとは、とんでもない値です。それも水溜りとかじゃなくて海、まあ防波堤やシルトフェンスで囲われているとはいえ、ざぶざぶ海水入れ替わり放題のところですから、膨大な量の放射性物質がまたもや放出です。

セシウム濃度上昇
(朝日新聞10月10日西部本社版朝刊)

 で、その理由が「水ガラスで地盤の改良工事」って、なに? その辺の地盤、ちょっと何かするとぼたぼた水分が漏れてくる水浸しスポンジ状態? で、その水が超濃厚放射能スープ?
 メディアもメディアで、何この小さい扱い。もう完全に感覚が麻痺してますね。

 ちなみにH4エリアE-1井戸、まだまだトリチウム汚染濃度上昇中です→東電資料10月10日

トリチウム1010

 ちょっと前の新聞記事、見てみましょう↓

 「タンク近くの井戸水に放出限度超すトリチウム 福島第一」(朝日新聞HP 9月11日)

 国のトリチウム放出基準、6万Bq/Lです。それを超えたことが話題になっていました。この程度のことで右往左往していた昔がなつかしい~・・・遠い目。
 いやいや、わずか一ヶ月前なんですけどね。
 今や26万Bq/L、井戸に出てくるということは、地下水が国の基準の4~5倍、汚染されちゃってるんです。

 事態は急激に悪化してるのに、メディアも国民も完全に頭がいかれちまって何も感じなくなってるんじゃないか!! これもまた放射能が頭に来た汚染拡大の証拠か・・・


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/931-2b9eb9a7

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。