お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

支離滅裂、日経新聞“貿易赤字、発電燃料主犯説”

2013-10-21
 財務省が本日発表した4~9月の貿易統計速報について、日経新聞は「貿易赤字、半期で最大の4兆9891億円」と報じています。そしてその赤字の原因、「原子力発電所の稼働停止で中東からの燃料輸入が増えたことと円安が主な理由」と記しています。

日経1021b
日本経済新聞HP 10月21日

 ところがこの記事、その先読んでいくと実に不思議な展開となります。「地域別に見ると中国からの輸入額が8兆8261億円と18.3%増え、過去最大となった」・・・はぁ、つまり中国からの輸入が1兆3653億円増えたわけですね。こりゃ、大変な額ですね・・・でもです、発電用の燃料って、中国から輸入してましたっけ?? いやいや、先の引用部分にも明確に書いてあるわけですが発電用燃料は「中東から」ですよね。
 じゃ、次の項目は、中東か? 「EU向けの赤字額も3768億円と過去最大となった。ドイツからの医薬品や自動車、フランスからの航空機などの輸入が増えた」・・・はぁ、中東じゃないわけですね。
 中東がどこで出てくるかと言うと、最後のところ「中東の燃料輸入が高水準であることに加えて」・・・それって、財務省の発表のどこですか? 本文には何も書いてありませんので、表で見れば・・・中東からの輸入額10.9%増の7兆5115億、つまり、額で言えば7382億円増です。対中国赤字増の半分でしかないじゃないですか。

 いや~、発電用燃料輸入が一定程度、日本の貿易収支に影響しているという点まで否定するつもりはありませんが、この記事、無茶苦茶です。
 もう一度引用します「(貿易赤字の原因は)原子力発電所の稼働停止で中東からの燃料輸入が増えたことと円安が主な理由」と、書いてありますが、この表の数字からみる限り、赤字の最大原因は中国からの輸入です。主役は、たぶんよく言われていますようにiPhoneなどのスマホやケータイでしょう。中国以外のアジアからの輸入増も、この表から電卓叩けば9206億増ですから(これも主役はたぶん電子機器)、燃料輸入費増以上に、今回の集計では貿易収支の足を引っ張っています。
 で、最後に書いておきましょう。中東からの輸入増は10.9%です。アベノミクス以前の1ドル80円前後から、以後の100円程度という通貨事情を考えてみれば(80X1.25=100ですから)、25%増となっても良いのですが、それより遥かに小さい影響にとどまっています。「中東からの燃料輸入が増えたことと円安」って、いったい何考えて記事書いてるのか??

 日経の記者って、こんな簡単な表も読めないのか??・・・まあ、原発再稼働のためのプロパガンダ、政治宣伝やってるんでしょうけど、こんな記事しか書けないって、どこまで低能だ?


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/942-b8d5ab6b

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。