お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

電気料金高止まりは、原発固執のせい/自然エネルギー財団レポート

2013-12-05
 孫正義ソフトバンク会長が立ち上げた自然エネルギー財団が、「『エネルギー基本計画』への提言--『原発ゼロ』の成長戦略を--」と題されたレポートを発表しました

自然エネルギー財団

 太陽光発電の可能性を非常に大きく評価しているところ(「各論1 自然エネルギー拡大の可能性」のシメの部分「今後の予測」では、太陽光発電以外の自然エネルギーの話がなくなってしまって、太陽光発電礼賛ばかりになっている・・・16ページなど)は、まあ、多少割り引いて読むにしても、いろいろと重要な指摘がなされています。

 まずはこれです↓(3ページ)

自然エネ財団原発コスト試算

 原子力の発電単価を試算したところ、かつての政府試算などより遥かに高く、石炭火力やLNG火力の発電コストの1.52~1.68倍にも上るとのこと。
 ちなみに、政府試算より高くなる理由は、「事故リスク対策」「廃炉処理費用」「追加安全対策」「建設費用(親切のみ)」といった項目で、政府試算より現実的な数値を考えているためです(33ページ)。

自然エネ財団原発コスト試算表

 さて上掲の各種発電方式コストのグラフで注意が必要なのは、現在の技術水準でのコスト計算であることです。
 現在日本で動いている、(原発にばかり投資していて最新鋭設備への投資が進んでいない石炭やLNGの)老朽化した発電施設についてのコスト計算ではない、ということです。老朽化した施設では発電効率が悪く、コストはかなり高くなっています。
 ここから簡単にわかることは、石炭火力やLNGの最新鋭発電設備に投資していけば電気料金は大幅に値下げできる、ということです。
 しかし現状では、原発の再稼働に期待をかける電力会社は、原発以外の発電設備に本格的に投資することなど考えていませんし、新規参入をめざす独立発電事業者も、もし原発が動いてしまって電気を買ってもらえなくなると困るので、本気で投資ができないという状況になっています。
 従って、政府が原発ゼロを宣言すれば、それだけで最新鋭設備への投資が始まり、発電コストは下がると、このレポートは解説します。もちろん、無駄に支出されている原発維持費の節約効果も大きいという指摘もしています。


 さて、このレポートは、原発を動かさなくても気候変動対策は可能であるとか、固定価格買取制度と費用負担の問題をどう考えるかとか、いろいろと面白い議論を展開していますが、当ブロクでもう一つ、特に注目したいのは「各論3 系統接続問題」です。
 当ブログでは、「自然エネルギーは不安定と言われるが、一定の広がりで見れば安定しており(日本全体に雲がかかることもなければ、日本全体で風が吹いていない状態もない・・・太陽光発電にしても風力発電にしても、日本全体といった広さの発電総量で見ればかなり安定している)、問題は地域間送電網が整備されていないことだ」と議論してきました。そして、「地域独占(とそれに伴う暴利)を守りたい電力会社こそが送電網の整備を遅らせ、自然エネルギーの利用を阻んでいる」、と書いてきました↓

 「逆風下の風力発電: 発送分離の必要性」(2011-09-29)
 「太陽光・風力発電はダメという洗脳工作に必死、伊藤敏憲」(2012-02-10)

 この点についてこのレポートは記します、「日本の連系線は『足りない』のではなく『使われていない』」(23ページ)のだと。
 このレポートは記します、日本の電力会社は規模が大きく、「北海道電力はデンマークと、東京電力は英国と、中部電力はポルトガルとそれぞれ同規模である」。だから、ヨーロッパ各国間の連系線容量と、日本の電力会社間の連系線容量とを比較してみれば良いのだが、一番容量が小さく孤立している北海道電力のピーク電力に対する連系線容量で13%。これに対して、自然エネルギー比率が30%程度のスペインで、連系線容量は10%に過ぎない、と(23~24ページ)。連系線容量から見る限り、日本の電力システムで、自然エネルギーを活用できない理由はない、ということになります。

自然エネ財団連系線容量

 問題は、日本の各電力会社が「連携可能量」などという、他国にはない訳の分からない概念=制限を設け、電力の買取を拒否し、電力の自由な流通を妨げていることにあると、論じています。日本は系統接続ルールを見直して、自然エネルギーの利用を大幅に増大させるべきだとしています。


 いやはや、日本の電力システム、ちょっと手を入れれば相当な改善ができるじゃないですか。それを阻んでいる既存電力会社、こいつら、自らの利権のために電気料金を高止まりさせ、自然エネルギーの普及を妨害し、原発の事故被害を広範に深刻に撒き散らす、許しがたい連中です。


 ということで、孫正義氏が一番読ませたいところ(太陽光発電)以外のところを拾い読みしてみました (^_^;;


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fkuoka.blog.fc2.com/tb.php/989-a1278886

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。