お薦め記事

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

資源大国ニッポン

2012-11-20
 本日の朝日新聞の“経済気象台”の題名は「資源による経済再建」でした。

資源ofJapan

 日本の有望な資源として、秋田でのシェールオイル、日本海側でのメタンハイドレート、長崎県沖海底油田、と言及の後、最後に言及されるのが「水」。「・・・世界的な異常気象や都市開発が地球規模での水不足を招いている。その中で日本は数少ない水の安定供給国として注目され、海外資本が水源のある土地や、水関連企業への投資、取得に動き出している」と記されています。
 資源としての水という話になるとやっぱり室田武氏でしょう。1979年の『エネルギーとエントロピーの経済学 石油文明からの飛躍』(東洋経済新報社)や、1981年の『原子力の経済学 くらしと水土を考える』(日本評論社)、1982年の『水土の経済学 くらしを見つめる共生の思想』(紀伊国屋書店)など、当時の反原発=エコロジー運動の理論的支柱として活躍されていましたが、そこでの主張の柱の1つが資源としての「水」。静岡県藤枝市に水車村を作るなど、水にこだわっておられました(いや、このリンク先だと、単にのどかなだけの自然体験観光施設に見えてしまうかもしれませんが、「藤枝 水車村 室田武」で検索してみると、氏とこの施設の関わりが多少は見えるはず・・・)。
 まあ単に「水が資源」などというと、記事のように水そのものを売る商売の話になってしまいますが、実はそれだけではないのです。精密機械工業、なぜスイスや諏訪湖のほとりに発展するのか、昔の社会科の教科書には書いてあったものです、“汚れを洗い流すきれいな水が必要だから”とかなんとか。低エントロピー源、と、これをさらに拡張して、経済的資源として普通は評価されないが、実は大きな意味を持っている資源なんだと、経済学理論を構築なさったのが室田武氏です。日本は、「何の資源もない」と言いながら、実は生産過程で水を必要とする様々な品目を輸出して経済的利益を上げているのであって、その意味で日本の経済的成功も、実は資源大国だったからに過ぎない、と看破しておられました。
 ということで、高エントロピー源=環境汚染原因のシェールオイルや油田と併記されたのでは、そういう資源に頼らない経済を志向した室田氏の趣意とは異なってしまいますが、「水」が資源として脚光を浴びるとは、30年遅れて、やっと現実が氏の議論に追いついてきたという気がします。

 で、信じがたいのが、原発を成り立たせる経済マジック、「総括原価方式」や「レートベース」。発電の原価計算から省かれた核廃棄物処理費用・廃炉費用。この頃から氏は批判し続けているのに、何も変わっていない現実。挙げ句の果ては、原発大事故の警鐘も的中。いったい我々は30年間、何をやってきたのか・・・。


tag :

中小水力もあるでよ~/代替エネルギー

2012-05-29




 原子力発電に対する代替エネルギーとして、太陽光と風力が注目を集めています。確かに、環境省の「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査(H22年度)」によれば、開発可能な発電量(導入ポテンシャル)は、太陽光1億5千万kw、風力19億kwが圧倒的で、この調査で取り上げられた他の2つ(中小水力1千4百万kw、地熱1千4百万kw)を圧倒しています。
 しかしです、中小水力だって実は全然捨てたものではありません。“(1)全量固定価格買取制度が実施され、(2)技術革新は進む、(3)補助金は無し”という穏やかなシナリオで、中小水力の発電量試算は430万kWとされています(S-4ページ)。この数字は、同じページの東北電力の導入ポテンシャルと同じ数字で(東北電力管内の開発可能な潜在量と、全国で実際に開発されるだろう発電量の試算値が同じになる)、年単位に換算すると240億kWh/年ということになります。日本の原発の実勢発電量は、一基あたり50億kWh/年程度ですので、これだけで、原発5基近くの発電ができることになります。
 ここで重要なのは、太陽光発電の“高コスト”、風力発電が必要とする“送電網の整備”、地熱発電の“長い建設準備期間”といったそれぞれ解消に時間を要する難点を、中小水力発電は持っていないことです。
 中小水力発電の最大の弱点は、実は、流れてくる落ち葉やゴミなどがひっかかるという実にシンプルなもので、必要なのはゴミ掃除、ということになります。
 ということで、↓ これはグッド・アイデアです。

中小水力もあるでよ~/代替エネルギー の続きを読む

tag :

太陽光・風力発電はダメという洗脳工作に必死、伊藤敏憲

2012-02-10
 2月7日のNHKクローズアップ現代「動き出した電力ビジネス」では、“アナリスト”伊藤敏憲なる者がとんでもない洗脳工作を展開していました。番組の趣旨としては、PPS(特定規模電気事業者)による電力供給事業が活発化し、電力供給体制に革新をもたらそうとしている、というもののようなのですが、そこで登場したコメンテイターが、トンデモ・アナリストでした。
 この男、伊藤敏憲にしたところで、まずは地球温暖化対策として再生可能エネルギーの活用が不可避であると述べはするのですが、その後が次のような発言です。

 「ところがですね、供給力という観点で考えると、その(再生可能エネルギーの)効果というのは限定されるんです。足元の最も大きな問題というのは供給力が不足しているということなんですが、太陽光、風力、大量導入が期待されているこの二つの電源というのは、電力の需要と供給力との間に強い相関関係が見られないんですね(・・・需要が増加する時期においても必ずしも発電量が増えるとは限らない・・・)。太陽光については発電設備の容量の1割程度しか供給力としては期待できない風力については実は、安定化するための例えば蓄電システムの容量程度しか期待できないという、そのような評価が与えられているんです。ということは、需給対策としてはあまり大きな効果を再生可能エネルギーに期待してはいけないということになるわけですね。」

 これって、原発擁護派の主張そのままではないですか。誰が「そのような評価」を与えているのかといえば、電力会社です。まともに信じて言っているならば、伊藤敏憲とは、よほど頭の弱い人ということになります。なぜって、太陽光発電について考えてみましょう。供給力として期待できるのは発電容量の「1割程度」と言いますが、天気番組を思い浮かべてみます。日本列島の9割が雲に覆われた衛星写真なんて、見た人がいるでしょうか。どこかでもっと必ず日は照っています太陽光発電が不安定なのは、地域の縄張りを絶対条件として、電力会社が給配電ネットワークを広域接続するのを妨害しているからです。日本全国で見れば「発電設備の容量の1割程度しか供給力としては期待できない」などということはありません。誰が考えたって簡単にわかる真実です。風力にしても同様です。どこかで必ず風は吹いています。ある程度以上の広さに渡るネットワークを構築すれば、充分安定的な電源として利用できることは周知の事実です問題は電気のやりとりを妨害している地域独占電力会社なのです。

 キャスターの国谷さん、そのあたりはちゃんと勉強していたようで、即座に突っ込みました。
 「(電力供給を)安定させるためのいろんなインフラ整備も必要といわれていますね。」
 つまり、あなた(伊藤)は「不安定で使えない」と言うが、“ちゃんとインフラ整備すれば、使えるでしょう”、と。

 困った伊藤敏憲、北海道から風力発電された電気を持ってくるためには巨大な送電網が必要ですし・・・、つまり、大きな設備やソフトが必要で、「投資の負担は国民が負担しなければならない」そして、「ニーズがあるかどうか判別できない」。いやしかし、この番組の前半は、電力会社のバカ高い電気料金よりも、はるかに安価に電気を売っていながら儲けている、そしてニーズありまくりで需要に答えられなくて困っているPPSの話だったんですけどね。アホか。
 PPSは投資込みで、電力会社より安く電力供給しているのです。コストダウンが続いているので、近年のうちに、エクストラの資金援助がなくても(国民負担がどうのこうのと言わなくても)太陽光発電が他の発電手段と対等に営業できるという試算も出ています。まあ、電力会社の妨害さえなければ、ということになりますが。

 これが、UBS証券会社株式調査部シニアアナリスト兼マネージングディレクターにして、経産省の電気事業分科会委員。伊藤敏憲。ただのアホなら、さっさと引っ込んで欲しいが、電力会社の代弁者として電力会社にパックアップされてやっていくんだろうな。鬱陶しい。

 youtubeでも、「こいつ原発再稼働を前提にしてしか話してない」と突っ込まれています。




tag :

経産省は気づいたか?

2012-02-01
 朝日新聞、本日の記事です。

風力発電網に公的支援 山からの中継線整備 経産省方針

 風力発電のキモは送電網だと、当ブログでは主張してきました。そもそも、“原子力発電に取って代わりそうなエネルギー源は安楽死に至らせる”という電力会社のポリシーのもと、風力発電の電力網への接続には厳しい制限がかけられてきました。しかし、そんなことを言っていられる状況ではない、ということに、やっと経産省(たぶんごく一部)も気づいたのでしょうか?
 もしも“原子力発電以後”を考えなければならないとしたら、風力に関わる送電網(の利権)を握ることは、経産省にとって極めて重大な課題になるはずです。そろそろ目端のきく者が動き出しても良い頃です。というか遅い!!
 まあ何にしても、現状で他の発電方式と太刀打ちのできる最安値再生可能エネルギー、風力の利用は現在緊急の課題ですから、頑張ってもらいましょう。


(今回は風レンズ風車ではなくて、普通の風力発電所のクリップへのリンクです)

tag :

明日はどっちだ?

2011-12-04
 事態は良い方へ進むのか、悪い方へ進むのか。
 風レンズ風車の開発は進んでいますが・・・
  http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20111201-OYS1T00308.htm




 風力発電された電力はいくらで買い取られることになるのでしょうか?
  http://mainichi.jp/select/biz/news/20111201k0000m020039000c.html
  http://gendai.net/articles/view/syakai/133987

 かつて当ブログでは、電力会社が原発にしがみつくように、どう誘導されているか考えてみたことがありますが、そこで「実は大掛かりな制度変革をしなくても、省令という経産相のさじ加減一つで(これが現実には経産省官僚のさじ加減になっているのが問題なのですが)」電力会社が誘導され得る、と記しました。今度は審議員の構成で、再生可能エネルギー死亡フラグ立てが行なわれようとしています。




tag :

もっと大きいのがありました、風レンズ風車

2011-10-10
 風力発電についてあれこれ書きましたが、その時に触れた「風レンズ風車」、もっと大きいのがありました。この前検索したとき、なんで見つけられなかったんだろ?
 ということで、上のリンク先には「風レンズ風力発電設備は実験施設のため,設置場所への立ち入りについては原則禁止しています。」と書いてありますが、それなりに大きければ遠くからでも見えるはず、と思い、行ってみました。

風レンズ風車近影

 これ↑、大学構内です。ビニールハウスのある大学なんですね。
 もうちょっと遠くから見た方が↓、大きさがわかりやすいかもしれません。

もっと大きいのがありました、風レンズ風車 の続きを読む

tag :

逆風下の風力発電(2)風レンズ風車

2011-10-01
 風力発電については発送分離、送配電網がキーポイントであることは間違いないと思われますが、それがダメでも、別に良い材料もあります。
「風レンズ」技術。風車の周りにちょっと囲いをつけるだけで、これまでの風力発電機と比較して発電量が3倍にもなるとのこと。ダイソンの羽根のない扇風機が、吸い込んだ空気の15倍の風量を生み出すのと比べると見劣りしますが、これで高効率発電ができるなら文句なしです。
 この技術、福岡発とのこと。このあたりに生息している者としては、思わず応援モードかも。福岡のウォーターフロント、百道(ももち)へ行けば実験プラントが回っています(現物見ると結構しょぼい・・・)。

tag :

逆風下の風力発電: 発送分離の必要性

2011-09-29
 原子力に変わる発電施設として、いろいろなものが挙げられていますが、発電コストで言えば風力が圧倒的。しかし、風力については電力会社から強力なアンチ・キャンペーンが張られています。「不安定」、この一言で片付けられます。“こんな不安定なもの電力供給網に接続できません、できてもほんのわずかがいいところです”、となります。しょうがないから、蓄電池と組み合わせて、安定化させようという「出力変動緩和型風力発電」の試みもあります。
 しかし、既に全発電量の20%以上を風力でまかなっているスペインが、こんな金のかかる発電設備を大量配備しているなどという話はありません。
 それでもなぜ可能だったのか? 答えは簡単で、たくさんあれば均(なら)される、です。一台一台の風力発電は不安定でも、止まっても、国土のあちこちにあれば、どれかは動いている、全体では平準化されて、そこそこ安定的な出力が得られるということです。個別の風車には出力が大きすぎるときに出力カットできるようにしておき、あとは送配電網の充実です。これでスペインは不安定さを既に克服しています。
 風力について言えば“エコ”なキャッチフレーズ「地産地消」は、不適切です。大規模ネットワークを組むほど、安定します。

 そしてこれは、もう一つの風力への逆風、現実に電力会社が風力を拒否する際に言う「接続問題」と大きく関わってきます。風力発電設備は、たいてい辺鄙な所に建設される傾向にあり、送電線が行っていない。だから“送電設備の建設費まで負担するなら風力を電力網に接続してやってもいいが、そうでないならば拒否します”という断り方です。あれほどの遠隔地にある原子力発電所でも送電線が引けるのに、風力はだめというのは言いがかりのように思えますが(実際、金がかかれば総括原価方式で回収できるのですから)、それでも、たしかに原発よりもかなり小規模になる風力発電設備のためにいちいち送電線を引いていたのでは、コストがかかってしょうがないというのは、確かに正しそうに思えます。
 しかしそうではないのです。原発ならポイントtoポイントで送電線を引かなければなりませんから、送電線コストはすべてその原発の分ということになります(実際は、総括原価には計算されているのに、原発のコストとしては計算されていない)。しかし風力の場合、送電線の通る沿線沿いに風力発電設備を多数配置していけばコスト負担も分散されますし、ホントは、沿線沿いどころか、メッシュ状に配置していった方がもっと都合が良いのです。より平準化・安定化しますし、送配電コストも下がります。「スマート・グリッド」とまで言うと、“まだまだ研究に時間が掛かるから駄目”と、電力会社に言い逃れされますので、注意が必要ですが、「既にスペインでは、やっている」のです。

 火力と比べても高くない発電、風力発電をホントに使いこなすために必要なのは「構想力を持った送配電網整備」です。沿線・面単位で、どう発電が可能かを想定して広範囲に広がっていく送配電網です。これは国レベルでやる必要があるでしょう。地域独占の電力会社には無理ですし、やりたがらないことも明白です(発電が安くついては、総括原価方式の手取りが減る)。
 これは経産省が自らの存在意義を主張するのに格好のテーマのはずなのですが、原発に目がくらんで何もできていないようです。経産省が生き残りを考えるならば、いずれこの課題とは取り組まなければならないはずなのですが、さて今の経産省、そして枝野経産相に何ができるのか、見ものと言うところでしょうか。

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。